• スイミー

ラバー水着にプリントできない理由

オーシャンスイム愛好家の方には定評のあるバイオラバー水着。

山本化学工業が開発した高速水着素材BRS、

通称「たこやきラバー」を採用したスイムウェアです。


浮力のない1mm厚の生地を使用しているので、「ウエットスーツ禁止」の大会でも使えます

「ウエットスーツに名前やロゴをプリントできるなら、

ラバー水着にもプリントできませんか?」

というご質問をいただくことがあるのですが・・・


残念ながら「できません、ごめんなさい」とお断りしています。


正確に言うとプリントは可能ですが、数回の着用でこのようになる可能性が高いです↓


SWIMME とプリントしてみました

「色はシルバーのみ、複雑なデザインは不可」と最初に言われ、

もちろん、着用前はきれいにプリントされていました!

ただ水に浸すだけなら、多分、きれいなままだったと思います。

でも、着脱する時にどうしても生地が伸びますよね。

その上、海水の中を長時間泳ぐとなると・・・こうなります。


いろいろな印刷屋さんに相談してみたんですが、 現在の通常のプリント技術では、遅かれ早かれ このようにヒビ割れて、最後は消えてしまうとのこと。 上記のラバー水着は、プリントが完全に消える途中にあるんですが、

みっともないというか残念というか・・・。 それだけ特殊な生地だということですね。

もちろん、プリントの位置や大きさ次第では、消えにくくできると思いますが、

品質に100%の自信がないものを、販売したくない。 これが当店の「ラバー水着にプリントできない理由」です。m(_ _)m

さて、バイオラバー水着ですが

スイミーショップでは、以下の各サイズが即納できます!


メンズフルスーツ M/L/O/XL

メンズロングスパッツ Lのみ

レディスフルスーツ S/M/L/O

※詳しくは商品ページをご覧ください


バイオラバー水着 レディスフルスーツ(イメージ)

店長タカダも10年近くラバー水着を毎シーズン着続けていますが、

買い替えたのは1度、水着としての耐久性は折り紙付きです! 10年前のラバー水着も、若干生地が薄くなったかな?という程度で普通に着用できます。

競泳用高速水着(布帛系)に比べると、伸縮性は十分にあり、

サイズを間違えない限り、着ていて息苦しいということもありませんので、

当店では、ふだんの水着のサイズと同じものをオススメしています。


ただし、尖ったものが引っかかると、小さなキズから破れてしまうことがありますので、

お取り扱いには十分ご注意ください。


ウエットスーツの下にラバー水着を着れば、冬の海でも泳げる! 海水温が低い時期(6月~7月中旬)の大会や、低温に弱い方には特にオススメです。



「ラバー水着の下に、普通の水着を着るの?」


これもよく質問されますが、どちらでもOK!

OWS大会等、ゆっくり着替えたり、シャワーの場所がないような時は、

下に水着を着ておけば、会場での着替えがラクになります。

真夏の暑い時期など、海から上がったら上半身だけ脱ぐこともできます(女性の場合は助かりますね)。


もともとは高速水着として開発されたバイオラバー水着は、

水の抵抗(摩擦)が少なく、スーッと前へ進む感覚とともに、

下半身が浮いてくる感覚があります。


そういう意味ではフルスーツの方が体を覆う面積が広いのでオススメですね!

(生地の浮力で浮くのではありません)


以上、ラバー水着を語りだすと止まらないタカダでした・・・! LINEにてお得な情報を発信しています、ぜひお友達に追加してください♫

オーシャンスイマー向け水泳用品の販売『SWIMME(スイミー)』 | OWS(オープンウオータースイミング)、トライアスロン競技用水着・ゴーグル・ウエットスーツ・パドル・フィン等

オーシャンスイマー向け水泳用品の販売

『SWIMME(スイミー)』​​公式オンラインショップ

OWS(オープンウオータースイミング)、トライアスロン競技用水着等

ショップ名:Swimme shop(スイミーショップ)

​会社名:株式会社 スイミー

所在地:埼玉県春日部市新川224-2

代表:清澤京子
営業時間:9:00~17:00
連絡先:080-9465-3131

​始めました!

お得な情報満載

スイミー公式LINE@

© 2018 Swimme, All Rights Reserved.

Homepage Designed by TLWorks

オーシャンスイマー向け水泳用品の販売『SWIMME(スイミー)』 | OWS(オープンウオータースイミング)、トライアスロン競技用水着・ゴーグル・ウエットスーツ・パドル・フィン等
0