• スイミー

ゼロポジション水着をお勧めする理由

 ここ数週間、プールに行く度にゼロポジション水着を使用しています。

前半に着用して、後半脱ぐ。基本はコレですが、途中でまた履いたり、脱いだり。

ウエットスーツのような素材で、ご覧のようにスパッツ型なので、

水中では一瞬でスルッと履けます。


当店でもお取り扱いしている「キャッチがうまくなるパドル」を開発した、

元競泳日本代表の小坂さんのページでも、ゼロポジション水着が取り上げられています。


「今までにない練習用水着“ゼロポジション”が凄い!!」


何が良いのか、どういう風に練習すべきなのか、詳しく書いてあるので、

ゼロポジにご興味のある方は、ぜひ⇧上記サイトもご覧ください。


ゼロポジション水着は水中姿勢を矯正する水着です。


ゼロポジション水着で「腰部を浮かせる=姿勢が整う」と、水中で余裕が生まれるので


フォーミング練習をゆっくり行うことできる

  →自分の泳ぎの悪いクセ、欠点の自覚・気づき → 修正


・水中で抵抗の少ない姿勢を体感できる=脳が学習する

  →脳が学習したことを(ゼロポジ水着を脱いでも)再現できるようになる


自分が泳ぐ時、水中で何をどうやっているかって、ほぼ一瞬のことなのでなかなか自覚できませんよね。コーチから「こうなっているから直して」と言われても、「こうなっている」のが自分で自覚できないと直すことも出来ません。


そして修正できたと思っても、しばらくするとすぐに元通り。

またコーチから同じことを言われて…の繰り返しになってしまう。


そこでゼロポジ水着を投入!


矯正された姿勢で泳ぐ、脱いで泳ぐ。

何が違うのが考える。

再び泳いでみる。

ゼロポジ水着をまた着てみる。

何が違うか考える。


自分の泳ぎをじっくり見直して反復練習するためのツール。

それがゼロポジション水着だと思います。


どんな素晴らしいコーチでも、水中姿勢を矯正して泳がせることはできませんが、

ゼロポジション水着なら、着るだけで矯正されてしまいます。


そして一回でも体験できたことは、自分の力で再現できるんですね。

もちろん、長続きはしないので、何回も反復練習が必要ですが、

繰り返すうちに「ああ、コレコレ、この感覚だ!」と再現率(?)が高くなり、

自然とできるようになる。

前回も自転車に乗れるようになるまでのプロセスに例えましたが、

ほんとにそんな感じです。


海で2000、3000、5000…と長距離を泳ぐには、

できるだけ抵抗の少ないフォームの習得が必要不可欠です。


ゼロポジション水着を上手に活用すれば、

効率のいい練習を重ねることが出来ると思います!


マスターズ3mm(在庫品)は即納できます

全商品のラインナップはコチラをクリックしてください。

現在、「マスターズ3mm」はほぼ即納できますが、それ以外の商品もご注文を承ります(お取り寄せになるので多少のお時間をいただきます)ので、ご連絡ください! またfacebookの「SWIMME販売グループ」、スイミーのLINEにご登録の方には、メンバー割引があります。詳しくはお問い合わせくださいませ(*^^*)

オーシャンスイマー向け水泳用品の販売『SWIMME(スイミー)』 | OWS(オープンウオータースイミング)、トライアスロン競技用水着・ゴーグル・ウエットスーツ・パドル・フィン等

オーシャンスイマー向け水泳用品の販売

『SWIMME(スイミー)』​​公式オンラインショップ

OWS(オープンウオータースイミング)、トライアスロン競技用水着等

ショップ名:Swimme shop(スイミーショップ)

​会社名:株式会社 スイミー

所在地:埼玉県春日部市新川224-2

代表:清澤京子
営業時間:9:00~17:00
連絡先:080-9465-3131

​始めました!

お得な情報満載

スイミー公式LINE@

© 2018 Swimme, All Rights Reserved.

Homepage Designed by TLWorks

オーシャンスイマー向け水泳用品の販売『SWIMME(スイミー)』 | OWS(オープンウオータースイミング)、トライアスロン競技用水着・ゴーグル・ウエットスーツ・パドル・フィン等
0